会社設立の重要事項を総まとめ!!

会社設立を低予算で

東京の会社設立代行で費用削減

会社設立の重要事項を総まとめ!!会社設立は1円の資本金でも可能ですが、それ以外に登録免許税15万円、定款認証手数料5万円、印紙税(収入印紙)4万円、役所に行くまでの交通費など、いろいろな費用が掛かります。そこで東京の会社設立代行を行っている事務所にご依頼して、費用削減してはいかがですか。電子定款に対応している事務所にお任せすることで、会社設立に必要な印紙税(収入印紙)4万円がかからなくなります。書類作成も手続きもお任せで役所までの交通費もかからなくなります。
費用の削減だけじゃなく時間も手間も大幅に減らすことが可能です。電子定款を自分で行おうとすると10万円くらいはかかってしまいますので、
手続き方法がわからない方もわかる方も専門家に代行してもらってはいかがでしょう。
会社設立に関するご相談は無料です。個人事業主とは取引をしないという取引先が多いと聞きますので、信用力を上げるためにもご自分の会社を立ち上げると良いですね。有限責任となりますので万が一のときでも安心です。

株式会社設立の登記申請書

株式会社設立をするためには登記をすることが必要となってきますが、このときには登記申請書を作成することが必要です。
株式会社設立をするためには二つの手続きが必要となります。一つは定款の認証です。定款が作成されたということを公証人役場で認証してもらえば、これによって会社ができたと考えることができます。会社ができたのちには届け出ることが必要となりますが、この届出が登記だと考えれば良いでしょう。登記をすることによって法務局で会社が設立されたことを認めてもらうわけです。
登記をするときには申請書が必要となるのですが、これは自分で作成することもできます。自分でできないわけではありませんが、業者を利用すると便利です。また、株式会社設立に関する書籍などを見ればその方法が掲載されていますし、インターネット上にはフォーマットもありますから、これらを参考にすれば自分でもできるでしょう。手間を考えれば料金の安い業者を利用した方が良い場合も多いです。

Copyright(c) 2016 会社設立の重要事項を総まとめ!!All Rights Reserved.